×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

広告タグ

最終更新日:2009年12月06日

楽天ウェブサービスセンター

佐藤唯通販大特集           

佐藤唯の超お得情報はここにある!

TOPページ | 次のページ

僕の秘密兵器 [#5ヒロイン森はるか] [DVD]
価格: 4,750円 レビュー評価: レビュー数:
僕の秘密兵器 [#2ヒロイン中島愛里] [DVD]
価格: 4,750円 レビュー評価: レビュー数:
僕の秘密兵器 [#3ヒロイン伊勢みはと] [DVD]
価格: 4,750円 レビュー評価: レビュー数:
闘真伝 特典 「スペシャルDVD」&「佐藤亜美菜(AKB48)・松下唯(SKE48)コスプレ生写真」付き
価格: 7,140円 レビュー評価: レビュー数:
驚きの豪華声優陣が熱演 ついに本格的始動!! 『闘真伝』
【魅惑のキャラクターが乱舞! 爽快、ド派手な闘いが魅力の剣劇バトルアクション!】 『闘真伝』は個性豊かなキャラクターが、闘真器と呼ばれる武器を手に戦う対戦バトルアクションゲームです。ゲーム中には武器が変化したり、プレイキャラ自身が変身をします!また360度フリーに動けるステージには、戦闘中に様々なアイテムが登場しプレイを盛り上げます。
バンドピース ふわふわ時間/Heart Goes Boom!!/ギー太に首ったけ TVアニメ「けいおん!」より (バンド・スコア・ピース)
価格: 945円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
表記の仕方が大きめで見やすいのでこのメーカーのスコアは気に入っています。
3曲とも分かりやすいアレンジで初心者の方でもきちんとコピー出来そうな仕上がりです。

採譜はかなり正確で完コピ狙いの人にもオススメできますし、3曲入ってこの値段なら買いだと思います!
バンドピース979 Don’t say “lazy” / 桜高軽音部
価格: 525円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
各パートの採譜が一番正確に表されてるバンドスコアです。
完全にコピーを目指したい方は此方のスコアを購入した方が良いでしょう!
バンドスコアピース Cagayake!GIRLS/Don’t say “lazy” 桜高軽音部 (バンド・スコア・ピース)
価格: 735円 レビュー評価:3.5 レビュー数:2
本屋で他の出版社とも比較しましたが、他の方が言うように、簡単なアレンジになっていました。
(簡単といっても適当なアレンジとは違いますよ)
本格的にコピーしたいなら、フェアリーなどがいいのかも。。。
恋していた時間が忘れるための時間
価格: 3,059円 レビュー評価: レビュー数:
鮫島有美子「ディスカヴァー2000」(1) 夜明けのうた~私の青春のうた
価格: 2,100円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
こうしたポピュラーの名曲を、オリジナル歌手でなく、くせのない、
澄んだ美しい声で聴いてみたいという人に好適。聴き終えてゆったり
とした満ち足りた気分になれること受けあい。いずれの曲も気持ち
よく耳にひびいてくるが、なかでも、このアルバムの白眉となるのは、
「あなた」。テンポのゆれ、間のとりかた、クライマックスでのもり
あげ方といい絶妙。オリジナル歌手の歌唱では気づかなかった魅力に
あふれている。
ただし、難をいえば、「時には母のない子のように」、「恋人よ」は
声域が低く、鮫島さんの声質には合っていないように思われた。
SATELLITE☆S
価格: 3,059円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
ハイトーンボイスと艶やかなファルセットが織りなす美しいメロディ。
最近、活動が見られない佐藤聖子のおそらくは、最高傑作である。
それまで、シングルとして発表していた作品も含んでいるため、
ベスト版的色彩もあるが、このCDオリジナルの曲も多い。
若い女性の恋心を歌った曲が多いものの、それだけではない。

個人的には、『星よ流れて』が最高傑作だと思うが、それ以外にも
佳曲が多い。絶対、お薦めである。

空にキスをするように
価格: 1,020円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
 「空にキスをするように」は打ち込みのシャッフル系リズムに佐藤聖子独特のスイングした歌声がうまくマッチした典型的な聖子ナンバーになっています。
 個人的にはカップリングの「ロマンス」の方がぐっときます。佐藤聖子は作曲家としてはシンガーソングライターというより職業作曲家的だと思いますが、その良い面が出ています。惜しむらくは大サビがあればというところでしょうか。
After Blue
価格: 3,059円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
ガールズポップという言葉がやたら氾濫した時期があったが、真のガールズポップはまさにこの人の音楽だと思う。ともすればアイドルがちょっとばかり歌っただけで、ガールズポップと言われそうな危機もあったほどだ。しかし、この頃の佐藤聖子は決してアイドル路線に傾くことなく、かといって過剰なアート方向に向かうわけでもなかった。しかし、クレジットこそされていないもの、彼女は確実に、自らの歌を自分なりに「プロデュース」しようと模索していた様子が、この作品からは窺える。
このアルバムは彼女が21才の時の作品。まだ大人になりきれていない、初々しく明るいボーカル。曲調もまさにポップだ。若い年齢だからこそ体

TOPページ | 次のページ

Copyright (C) 2009 佐藤唯通販大特集 All Rights Reserved.